実は売れます!専門書の高額買取

専門書の価値が分かる人に売ろう

専門書の価値が分かる人に売ろう 結婚を契機に多数ある本を一気に処分したいようなケースはよくあります。職場が変更となり、新しい住所に今ある全ての本を持ち込むと場所をとるから困ったといった場面も生活しているとたまに訪れます。このような心機一転といった状況で家の本を一箇所に持ち込んで処分してもらうのは、少々勿体無い行為です。本にも種類があり、価値の有無もそれに伴い様々だからです。まとめて処分すると、その店が必要とする本のみ高価買取となり残りは普通の値段となります。

中でも専門書の場合は、価値を把握している買取店に持ち込むべきです。ジャンル的にあまり大きく扱われない専門書ですが欲しい人は必ず存在します。コレクターがいる専門書の場合、高値で取引される事もしばしばです。専門的な学術書を買ってくれる店を見つけるのが難しいという疑問に対しては、インターネットが解決してくれます。

インターネットには、専門書を扱う買取店がまとめられたサイトがあり、そこを上手に活用する事で、最短で高値で買ってくれる店を見つけられます。見積もりまでは面倒という方は、メールなどで本の名前と状態を伝えるのみで値段を教えてくれる店もあります。家に置いていても使わないなら、このような流れで処分してみてはいかがでしょうか。希少価値のある学術書だからこそ、専門の店に出して判断してもらいましょう。その上で売るかどうかを決めても悪くはないはずです。

専門書と新書はどう違うのか

専門書と新書はどう違うのか 新書と専門書は基本的に別々の種類です。専門的な内容を記載した新書は数多く、掲載されている情報が重なっている事も多いですが、文字通り新しい書籍であり、普遍的なデータというよりも発売された時代の流行に基づいた知識がメインに掲載されています。

決してデータの精度が低いという事ではありません。しかし新しい知識をいち早く速報的に掲載しているため、普遍性が専門書よりも少なかったり後で例外的な事例が出る事も多く、その辺りを理解した上で読まなければいけません。

専門書は大勢の専門家が検証してきた揺るがない常識な知識、あるいはその学問の基礎となる情報がメインに掲載されています。どちらかと言うと医師や研究者やクリエイターなど、その道のプロや志望者向けの媒体です。そのため一般的な書店には置かれていない事も多いです。

新書は値段が安く数百円で販売されています。買取価格は平均的に安価です。対して専門書は値段が数千円となります。普通の本よりも比較的高めです。買取価格も専門性が考慮され、高くなっています。

新着情報

◎2018/2/9

専門書の価値が分かる人に売ろう
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

専門書を中古買取
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

専門書の買取の特徴と傾向
の情報を更新しました。

「専門書 価値」
に関連するツイート
Twitter